トップ > 自然

 










生きた博物館・知床
アイヌ語で「シリエトク」=地の果て、を意味する名を持つ知床半島は約1500万年前の海底火山活動により形成され、現在も原生的な自然の姿を保っており、最後の秘境と呼ぶにふさわしい地です。
四季により美しく表情を変える大地と海、その豊かな自然の中で命の輝きを放つ動植物たち。
知床はまさにありの ままの大自然の息吹を体感できる、生きた博物館といえます。

野生動物
 

知床の多様で豊かな自然環境は個性あふれる動物達の楽園として伸び伸びと生活しています。
 
  エゾヒグマ
エゾシカ
キタキツネ
エゾモモンガ
エゾリス
シマリス
エゾユキウサギ
エゾオコジョ
知床のイルカ
知床のアザラシ
知床のクジラ
 
 
野鳥
 

海岸の断崖に営巣する鳥、冬の渡り鳥など厳しい環境をたくましく生きる鳥類が260種以上が生息しています。
 
  オオワシ
オジロワシ
シマフクロウ
 

昆虫
 

知床の変化ある地形、多様な植物相は昆虫の種類と数を豊かにし、わたしたちの目を楽しませてくれます。
 
  カラフトルリシジミ
 
 
植物
 

知床では環境に応じて実に多くの植物が見られ、限られた環境の中で整然と分布し大地を彩っています。
 
  シレトコスミレ
エゾコザクラ
チシマノキンバイソウ
シコタンタンポポ
エゾノヨモギギク
 

 

知床のシンボル・知床連山。数々の稀少動植物を育む環境が保たれている、まさに奇跡の山々です。
 
  知床の山
 
 
 

雄大な自然の象徴のひとつである知床の滝。半島先端部は沢と滝の連続でその個性も様々。
 
  知床の滝
 

 

海と森をつなぎ、多くのサケやマスが遡上する河川は知床の豊かな生態系を支え続けています。

ただいま執筆中です。
 
   
 
海と流氷
 

知床は流氷が接岸する世界最南端の地。共に運ばれるプランクトンにより豊かな生態系が織りなされる豊饒の海です。

ただいま執筆中です。
 
   

樹木
 

季節の移り変わりとともに変化し続け知床の自然の美しさと雄大さの象徴である樹木たち。

ただいま執筆中です。