トップ自然 > 野生動物 > エゾユキウサギ
 











エゾユキウサギ

雪の上の俊足ランナー

学名
Vulpes vulpes schrencki

種類
ウサギ目ウサギ科

生息地域
北海道

体長
約77cm

季節の衣替えで身を守る
ユーラシア北部に広く分布するユキウサギのうち北海道に分布する亜種がエゾユキウサギです。
本州などに分布するノウサギは別種でエゾユキウサギのほうがやや大型です。
夏の間は褐色の毛は、冬になると雪の中ではとても目立ってしまうため耳の先を残して真っ白な毛へと衣替えします。
これが保護色となって外敵から身を守るのです。


雪上で素早く走れる秘密
英語で「snowshoe-here(※かんじきうさぎ)」と呼ばれるとおり、大きな後ろ足のおかげで雪面でも沈むことなく俊敏に行動することができます。

※かんじき=雪の深い土地で使用される履物。
木の枝や蔓などを輪にして作るものや鉄製のものがある。


 

関連リンク・参考サイト

エゾユキウサギ放逐 (斜里町立知床博物館)