トップ自然 > 野生動物 > 知床のイルカ
 











知床のイルカ

コバルトブルーのオホーツク海で華麗にジャンプ
流氷によって運ばれるプランクトンや海峡の複雑な地形の影響などにより、オホーツク海はクジラ・イルカ類にとって楽園ともいうべき豊富な餌場となっており、特に半島基部の海はイルカ類の繁殖と育児の場となっています。また、漂着したクジラ・イルカ類はヒグマやオオワシ、オジロワシなどの陸の生物たちの命の源の一つとなるのです。

ネズミイルカ 学名 【Phocoena phocoena】
体長1.8m前後の小型のイルカ。
背側が濃い灰色で腹側が白色、頭は丸く、「くちばし」がなくてネズミの顔を連想させます。太平洋の温暖域、太平洋など世界中にかなり広く分布しています。知床半島沿岸では定置網に捕獲されることがあります。(写真:知床博物館)


カマイルカ 学名 【Lagenorhynchus obliquidens】
体長2.1m体重90kg位で、北太平洋の温暖海域に分布しています。
背ビレがかなり大きく、鎌状に後ろに傾いていることがこの名前の由来です。知床沿岸で定置網に入ったり、海岸に漂着したりすることがあります。
休息や移動のときには数百頭の大きな群れとなります。


イシイルカ 学名 【Phocoenoides dalli】
体長2m前後、背側と前胸の部分が黒色で、腹面の後半の白さが特徴です。
航行中の船に進んで近づいてくる種類で、知床ではもっとも親しまれているイルカです。
外洋性で小さな群れを作って行動し、小魚やイカなどを食べています。


関連リンク・参考サイト

知床のクジラ・イルカ (斜里町立知床博物館)