トップ自然 > 野鳥 > シマフクロウ
 











シマフクロウ

親しまれ敬われる、森の守り神

学名
Ketupa blakistoni

種類
鳥類フクロウ目フクロウ科

生息地域
北海道東部

体長
約70cm

世界最大のフクロウ
シマフクロウは世界最大のフクロウ類の一つです。
思索にふけるような顔立ちと
羽を広げると2m近くにもなるその姿には
風格さえ漂っています。
アイヌ語ではコタンコロカムイ(村の神)と呼ばれ
人間と森を守るものとして敬われていたことが窺えます。
体色は全体的に褐色で、淡い茶色の腹部には
筋のように茶色の縞模様が入っています。
頭にある耳のように生えている羽も特徴です。


シマフクロウ最後の聖地・知床
数が非常に少ない上に繁殖のための環境が
森林伐採や川口に餌となるサケマスの捕獲場が
つくられたため、条件が劣悪化し近年激減しています。
絶滅危惧[I]A類に指定され、
今や絶滅寸前のシマフクロウにとって
豊かな自然が残る知床は最後の聖地であるといえるでしょう。
オジロワシ、オオワシと共に国の天然記念物の一つです。


 

関連リンク・参考サイト

知床の希少動植物リスト (大いなる知床/北海道新聞)