トップ自然 > 植物 > エゾコザクラ
 











エゾコザクラ

知床の大地を染める可憐な妖精

学名
Primula cuneifolia

種類
サクラソウ科

生息地域
北海道

花期
6月〜8月

雪解けを待ちわびて
花弁が小さく、桜に似ていることが「コザクラ」の名前の由来です。
高山地帯の湿気のある草地などに多く見られ、山の雪解けを待ちわびるように6〜8月にかけて咲きます。
このエゾコザクラもまたチシマノキンバイソウと同じく雪田群落と呼ばれ雪解け水の恩恵を受けているのです。
群落を作りますが、密生しすることはなく、一本ずつ点々と広がっていく傾向にあります。


山を彩る赤紫色のじゅうたん
様々な花が美の競演を繰り広げる知床の大地の中、葉に支えられ咲き誇る赤紫色のシレトコスミレの花畑は
鮮烈な印象を与えてくれるでしょう。
愛らしく可憐な風情の中にもぴんと空に向かって咲く姿が凛とした高貴さを感じさせる花です。