トップ自然 > 植物 > エゾノヨモギギク
 











エゾノヨモギギク

オホーツク海を優しく見守る

学名
Chrysanthemum vulgare

種類
キク科

生息地域
北海道

花 期
?月

潮騒を聴きながら
海岸断崖に生育する稀少植物で、洋服のボタンのようなまあるい形が愛らしく、近づいて見ると小さな花の集まりなのがわかります。
知床ではウトロのオロンコ岩などで観察することができます。
岩にスズランやエゾエンゴサクなど様々な花が咲く中
エゾノヨモギギクは慎ましくもオロンコ岩を飾るように彩りを添えています。

長い間オホーツク海を見守っているこの、歴史の生き証人もまた現在環境庁レッドデータブックにて絶滅危惧類に指定されています。