トップ自然 > 植物 > シコタンタンポポ
 











シコタンタンポポ

日本生まれ日本育ち

学名
Taraxacum shikotanense

種類
キク科

生息地域
北海道東部

花期
6〜7月

外来種タンポポとの違い
その大ぶりな姿、色の鮮やかさが存在感を放っているシコタンタンポポは名前の由来の通り色丹島、道東などに分布し、海岸沿いなどを好んで生えています。
タンポポの中でも大型で、高さが50cmほどにもなるものもあります。
一見花びらに見えるのは、実はそれぞれが独立した花で「舌状花」と呼ばれています。
シコタンタンポポはこの舌状花が外来種であるセイヨウタンポポよりも少なく色も若干濃いです。
また総苞片(花の裏側の緑側の部分)が下へ反り返っていないことから見分けがつきます。


在来種と外来種
北海道に咲くタンポポは在来種(日本で生まれ育った種)と外来種(外国から渡ってきた種)に分けられます。
春に一度だけ花を咲かせる在来種のタンポポは、1年に何回も咲き、繁殖力の強い外来種のタンポポに押され、近年数が減ってきています。
現在このシコタンタンポポも絶滅危惧種と判定されており、素朴ながらもたくましく生き延びる非常に貴重な存在であるといえるでしょう。


 

関連リンク・参考サイト

シコタンタンポポ (知床サイト)