トップあそぶ > 知床のキャンプ
 










知床のキャンプ
大自然に囲まれて眠ろう
ホテルや民宿もいいけど、知床を堪能したい方にはキャンプもオススメ!
大自然の中で食事をしたり、本を読んだり・・・夜には満点の星空が見れるかも!

photo1

■知床のキャンプシーズン
■殆どのキャンプ場は6月〜9月までした営業していません。それでも毎年知床を訪れるライダーやキャンパーは多く、シーズン中ずっとキャンプ場に住んでいる人もいるくらい、知床でのキャンプは魅力に溢れています。
真夏でも夜は涼しくなる事がよくあるので、装備には十分注意が必要です。
さすがにセーターはいりませんが、フリースや雨具などがを準備しておくといいですよ。

■おすすめキャンプ場
キャンプ初心者の方や装備の運搬ができない場合には、清里オートキャンプ場がおすすめ。
貸しテントの他、コテージやバンガローなどもあるので、家族連れで楽しむ事ができます。
一人旅には、すぐ隣に無料の露天風呂がある羅臼温泉野営場が人気。シーズン中はかなり混み合うので早めにキャンプ場に入られる事をおすすめします。
他にも知床のキャンプ場は近くに温泉がある所が多いので調べて見て下さいね。


photo1

■知床でのキャンプの常識!
■知床に限らず、北海道のキャンプ場はどこも北キツネが出没します。
生ゴミはもちろん、それ以外のゴミもテントの外に置いておくのはやめましょう。
ビニール袋に入れておいた靴を持って行かれた事もあります。ビニール袋=食べ物が入ってると思ったんでしょうね。
知床では、北キツネ以外にも、鹿やエゾリス・テンなどの動物が出没します。(稀に熊も!)
かわいいからといって、間違っても餌を与えたりしないように!(野生動物に餌を与えないで!参照)